×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師の資格を取得するまでの大まかな流れ

看護師の資格について紹介します。看護師として病院やその他の医療機関で勤務するためには、国家試験か各自治体が行っている看護師試験を受験して合格しないといけません。看護師の種類は色々なのですが、看護師のしかくについて紹介します。看護師になるためには、条件があって高校を卒業している人がまず1つ目の条件になります。そして、高校を卒業してから専門学校や看護学校などへ行って3年間勉強しなければ行けません。他には、看護系の学校で勉強しなければなりません。そして試験を受けて合格して初めて看護師の資格をもらえることになります。准看護師の資格を持っている人は、看護師のコースを学べば准看護師から看護師の資格を取得することも出来るのですがどちらから看護師の資格を取得する場合でも看護師国家試験を受験して合格した人が看護師の資格を手にするということになります。つまり、看護師の資格は国家資格になります。専門学校へ行って専門の知識を学ぶことが大事ですね。

奨学金制度を利用して看護師資格の学習費用に当てよう

看護師資格の奨学金制度のある病院について紹介します。看護師資格を取得するためには専門学校や養成学校へ三年以上通って国家試験を受験して合格すれば看護師資格を取得することが出来ます。しかし、それにはなかなか金銭的な面でも高額なお金がかかってしまいます。ですが、看護師資格の奨学金制度のある病院があります。看護師資格の奨学金制度のある病院というのは、資格を取得したあとに、その病院へ勤務することを条件として、正看護師の資格にかかる費用を奨学金として援助してもらえるというものです。この制度を利用すれば金銭的な面で、看護師の勉強を断念している人でも、看護師資格を取得することも出来ますし、就職先まで決まっているというものです。この制度を行っている病院は色々各地になりますので、調べてみてこの看護師資格の奨学金制度を行っている病院から学校へ通って看護師の資格を取得するのもいいのではないでしょうか。この制度を利用して看護師になった人も多いようです。

これからニーズが最も高まる訪問看護師の認定資格

訪問看護師認定資格について紹介します。訪問看護師というのは、在宅で療養している人や高齢者の人の自宅へ行って、看護をしたり、訪問介護ステーションに所属して看護を行う看護師のことを言います。訪問看護師認定資格という資格があって日本看護協会に認定されている看護師のことを言います。認定看護しノ認定するための審査は年に1回日本看護協会が行っています。その日本看護協会が実施する審査に合格して、登録をした人が認定看護師として活躍することになります。訪問看護師でなおかつ認定看護師と言う人も中に入ると思います。訪問看護師の具体的な仕事内容は、訪問介護ステーションへ訪れる人への看護や自宅へ行っての看護になります。血圧の測定や、体をふいてあげたり、入浴介助、リハビリの指導をしたり、日常生活の相談にのったりアドバイスをしたりします。家族の看護だけでは無理な部分のサポートを行うのが訪問看護師の仕事だと思います。訪問看護師認定資格を所有している人は今とても求められています。

Copyright © 2008 看護師資格をゲットする効率的勉強法